Gitクライアント tig でラクラク差分表示


Source Tree、GitHub Desktopなど、Gitのクライアントアプリは色々ありますが、皆さんは何を使われていますか?もちろん、全てコマンドでやってて使わないよって方もいると思います。 gitコマンドを使った方が、素早く操作できるので便利です。しかし差分の確認をdiffコマンドを用いて行うのは、いささかめんどくさい。 そこで、CUI上でグラフィカルにgitを操作できるgitクライアントtigを導入してみました

tigって?

ターミナル上で、グラフィカルにgitを操作することができるgitクライアントの一種です。 vimライクに操作することができます。 Macを利用している方であれば、

$ brew install tig

で導入することができます。

起動方法もいたって簡単、管理しているレポジトリのディレクトリ上で

$ tig

これで立ち上げることができます。

tigでできること

log

tig-log

$ tigと打ち込んで最初に表示されるのが、こちらのメインビューと呼ばれる画面。 グラフィカルにログ画面を確認することができます。

status

git-diff

先ほどの、メインビュー画面にてsと押すことで、Statusを表示することができます。 この画面から、対応するファイルにカーソルを合わせ u を押すことで、ステージングや ステージング取り消しを行うことも可能です。

diff

tig-diff

メインビューで表示されたコミット上で Enter を押すと、差分のあったファイルの一覧が表示されます。 このファイルを選択することで、差分を表示できます。 過去のコミットに遡って、細かく差分を確認できるので便利です。 個人的に求めていた機能がこれです。

他にもたくさん機能があります。。

最後に

他にも、addやcommit、pushをはじめとして、gitで求められる大抵の操作をCUIで グラフィカルに行うことができます。 基本gitはコマンド派で、時にはグラフィカルに確認したいよって方は、ぜひ利用してみてください。 ログ画面がシンプルになるだけでも利用する価値はあるかと思います。

comments powered by Disqus